atree 黙々木々 blog

木を使ってとりあえず何かする+ 日々のこと少し…

流行りの古材DIYでフナをいかにカッコよく飼育するか・・・!? 失敗編

GW中に田舎の池で釣ったフナですが可愛くてしょうがないため飼育することに。
大型の熱帯魚も飼育していますが、日淡魚って独特の良さがあります。
フナはその原点だと勝手に思い込んでいます(?)
今回は古材を使って水槽を装飾してみました。

【古材をゲットする】

仕事の関係上、廃パレットが常にあるのでそれを解体。
針葉樹の古材は、ズッシリ感に欠けるので堅木のDel Monte社製の廃パレットを使うことに。

古材なめてました・・・・釘は抜けないし、綺麗な状態で解体できない・・・・

【サイズにカット】

苦戦・・・・大苦戦。木が堅くてゆっくりやらないと弾けてしまう。
しかしこの釘穴や割れの感じ…かっこいいです!

【サンダーがけ】

このまま使おうと思ったのですが触ったらトゲが刺さるし、汚れで手は真っ黒になるしで
軽くサンダーがけをしました。ものすごい埃。

【下地】

ツーバイフォーで下地を作ります。カットしてビス止めしただけ。

【古材を打ち付ける】

拘ったのは釘!あえて錆びた釘を使いました。やっぱり愛称は抜群!
鉄釘に塩水でもかけて数日放置しておけばこの通り。

【設置・・・】

・・・ゴツいというか水槽が古材負けした・・・
上の蓋がいらないのかなー・・・かっこいいんだけれども。
蓋をスマートにして作り直してみます。

【感想】

古材の扱い辛さに限ります。
すごく簡単なイメージでしたが、朽ちてるし曲がったりしているのでサイズ調整が難しいです。
うまく作れば間違いなくカッコいい!
古材の鉄脚テーブルとかよく見かけますが意外と難しそうですね。えんど!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
www.atree-4011.com

広告を非表示にする