atree 黙々木々 blog

木を使ってとりあえず何かする+ 日々のこと少し…

オープンシステムの家

お世話になっている設計事務所、響屋さんの手がけるオープンシステムの住宅を案内していただきました。今まで手が届かなかったような無垢の家がお手頃価格で建てられるオープンシステムについてまとめました。

オープンシステム

ざっくり言うと、中間マージンを一切省いた住宅です。下請・卸値といったものが存在せずお施主さまと職人・業者が直接契約します。全ての関わる人が元請なので必然的に低コストとなります。とくに材料関係は流通業者が何重にもなっているのをオープンシステムによって省けるためビックリするような価格になることがあります。

デメリット

デメリットといえば契約書くらいでしょうか。
分離発注の直接契約なので契約書の数が多いです。たくさんサインをしなくてはいけませんが、何百万という単位でコストダウンできるわけですから、我慢しましょう(笑)あとハウスメーカーに比べたら工期が長いです。

業者の立場から

業者間の単価でお施主さまと取引になるので、「他の業者の迷惑になるから」という理由で業者から断られる事もしばしばだそうです。弊社は全然OKです。お客様のことを思うと最良の選択ですしね。

今日はエンドです。ありがとうございました。

広告を非表示にする